車買取一括査定のデメリット

体験によるオンライン一括査定のデメリットを説明

オンライン一括査定のデメリットについて

車を売りたくて色々調べてみるとネットでの一括査定がお得なようなことは分かりました。だけどいいことばかり書いてあってデメリットがあるのかどうかわかりません。デメリットがあるとすればどんなことがありますか?教えて下さい。

確かにネット上を調べてみてもメリットばかりでデメリットについてはあまり詳しく書かれていませんよね。それだけ本当にいいサービスではあるのですが、私が考える一括査定のデメリットについて経験を元に述べてみたいと思います。

私が考えるデメリットは1点です。「それはすぐに電話がかかってくること」です。強引な勧誘があるのかどうかなども気になりますよね。詳しく解説していきます。一括査定に必要事項を入力すると基本的にすぐに数社から電話がかかってきます。一括査定のサービスに登録している業者は車を売って欲しいから登録していますので、電話がかかってくるのは当たり前といえば当たり前です。電話の内容としては、「出張査定をさせてください」という内容です。

車を見ずに正式見積もりを出すことはできませんので、正式な見積もりを出すための出張査定の依頼をしてくるわけですね。一括査定サービスを利用してすぐに得られる査定額は概算見積もりになります。大体どのくらいで売れるのかという概算価格ですね。その後出張査定をして、実際に現物をみてもらって正式な見積もりが出るという流れになります。ちなみに概算の査定額よりも出張査定の正式査定額のほうが高くなる傾向にあります。交渉ができますからね。

このサイトで紹介している一括査定を利用している限り私は強引な勧誘に出会ったことはありません。査定額が安くて売りたくない場合には「高額査定を出してくれた他社にすでに決めましたので」という断り方をしています。このサイトに載せていない一括査定では強引な勧誘にあったことがありますので気をつけてください。

強引な勧誘をしているとその買取業者は優良な一括査定サービスから登録を抹消されるのではないかと思っています。だから優良サービスにはひどい業者がいないようです。悪質な一括査定サービスでは悪質な業者も放置されている可能性もありますので注意してくださいね。

私は車を売るつもりでいたので、電話がかかってくること、そして出張査定までの流れには問題ありませんでした。むしろこちらから動かなくてもいいので楽です。じゃあ何がデメリットなのかというと、「一括査定をするとすぐに電話がかかってくる」と言う点です。

オンラインの一括査定サービスは24時間利用できます。そして買取業者の電話担当者も24時間待機しているものと思われます。なので寝る直前にオンラインで一括査定をやってしまうと、電話が5社くらいからかかってきてしまいますので寝にくくなってしまいます。明日以降に対応すると言うことで、無視してしまってもいいとは思いますがせめてマナーモードにしておかないと目が冷めてしまいます。これが一括査定の一番のデメリットですね。寝る直前じゃなければ何のデメリットでも無いのでほとんどの方には関係ないことかもしれません。逆にこの点が問題ないなら高く売るためにも使ったほうがかなりお得だと思いますよ。

最後にですが実はこのデメリットも解消する方法があります。電話がかかってこないサービスがあるからです。カーセンサーを利用して、メールOKという業者だけを選択すれば見積もりの結果はメールで知らされます。電話は一切かかってきません。だから電話が苦手な人もカーセンサーを利用するといいと思います。こちらも無料で利用できますし、大手が運営しているので安心のサービスです。